読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bakeriから始まった長い一日。

f:id:mihokoshimizu:20161227232727j:plain

朝、Greenpointのベーカリーカフェ、Bakeriへ。Bakeriの読み方は、「バケリ」というそうです。大きなテーブルに夫とのんびりと腰掛けてコーヒーを飲み、マフィンなど食べながら友を待ち、朝の店の雰囲気を楽しみました。

f:id:mihokoshimizu:20161227232858j:plain

 

f:id:mihokoshimizu:20161227233051j:plain

古風な木造のレジスターの台の上に、タブレットを設置しているのが今風です。
奥はオープンキッチンで、カウンター席からパンをつくるところが正面に見えるのが楽しい。大型のパンは朝のうちに焼き上がっています。

f:id:mihokoshimizu:20161227232817j:plain

色とりどりの花や果実が描かれた壁紙にシャンデリアという、女の子の部屋のようなスイートな雰囲気のなかに、建設現場の作業員風な男性のお客さんの姿もあって、そういえば、ブルックリンではコンビニをほとんど見かけないなぁとあらためて思ったのでした。個人店に活気があり、個人店主とのつながりを大事にし、応援する人が多く住む界隈……だとしたら、素敵だ。

f:id:mihokoshimizu:20161227232932j:plain

これもまた可愛い、バラのかたちのマフィンは、レモンポピーシードとピーチ。
レモンとポピーシードの組み合わせの焼き菓子が好きで、見つけると素通りできません。

f:id:mihokoshimizu:20161227233018j:plain

朝食後はプラスキー橋を歩いて渡って、地下鉄でマンハッタンの66th stを目指します。
私がNYに行かない間に、ミッドタウンの新しい建物に引っ越して、そして再び古巣に戻ってきていたAmerican Folk Art Museumに行くために。Henry DargerのCollectionも観たかったし。ところがClosed。帰国まで展示入れ替えのために休館という憂き目に。がっくり肩を落とし、案内の人にも慰められたのでしたが、残念過ぎました。でもいつか再訪する理由が、これでひとつできました。See you someday......

f:id:mihokoshimizu:20161227235034j:plain

お昼は気を取り直して、リンカーンセンター近くのÉpicerie Bouludのカフェへ。観劇や買いもの前後にちょっと寄るのにいい場所。
フレンチのシェフ、Daniel Bouludさんはいくつものレストランやカフェやバーを展開しています。新進気鋭のシェフ・ブーランジェ、François Brunetさんが以前、Bread Journalにメッセージを寄せてくださっていたことも良いきっかけとなって、訪れてみたのです。

f:id:mihokoshimizu:20161227234902j:plain

ここは食料品店内のセルフサービスのカフェ。とはいえ、カウンターテーブルの目の前に新鮮なオイスターが何種類も並んでいたりなどもします。

f:id:mihokoshimizu:20161227234737j:plain

ジャンボンフロマージュと熱々のカリフラワーのポタージュは、まさにこのお昼に食べたかった味でした。夫が選んだDBGBドッグ(ブリオッシュ生地)もまた、量も質もテイストもまるで東京で食べているような気持ちに。パリでもNYでもなくトーキョー。こういう食事の差異は縮まっているのかもしれません。

f:id:mihokoshimizu:20161227234319j:plain