2日目のプティ・デジュネ


美味しい本を読みました。
『2日目のプティ・デジュネ』
堀井和子著(ベストセラーズ

2年前ですが、堀井和子さんのパンの本〜自分の「好き」に忠実なスタイルの魅力という記事を書きました。

今までも堀井さんのレシピと旅の話からたくさんの楽しみをもらいました。

この本はフランスを中心にした旅の食べもののお話です。
1日目はとりあえず空港そばのホテルに泊まり、朝食も簡単にすませるけれど、2日目から本当の旅が始まり、朝食も好みのものを庭やテラスでゆっくりいただく、ということで2日目のプティ・デジュネ。

自分らしいこだわりを持って、頑固になりすぎず好きなものを追求したいといつも思います。
また、朝食のための旅がしたくなりました。

今日のピックアップ: ところで渋谷のVIRONのプティ・デジュネはいかがでしょう?