汐留〜銀座散歩

汐留のショウルームに行ったついでに
銀座まで足を伸ばす。

昔勤めていた会社は汐留の近くにあって
わたしは15Fにいて、海や街並みなどすばらしい眺めが
あたりまえの日常になってしまうような、
贅沢な感覚のなかで、いまとは違う仕事をしていた。

会社が終わってからやはりこんなふうに
銀座の真ん中まで歩こうと思うのだけれど
いまほど丈夫でなかったので
途中で力尽きて地下に潜っていた気がする。
(それからおいしいパンを買って帰ったりもした)

ものすごく久しぶりに、もといた会社の同僚から
連絡をもらった。
このあいだのTVを、見てくれた人たちもいたようで
おぼえていてくれたことが嬉しかった。

近頃会社は移転して銀座から遠くなったが、
新社屋は最先端のロハス建築といわれている。
ちかくで眺めてみたい。
きっと「作品」という言葉が浮かんでくると思う。

こんど、懐かしいもと同僚に会うのが楽しみ。