普通のパンとメッセージ

2007年の日本の「普通のパン」とはどんなパンだろう?
地域や生活スタイルによっても、それぞれの思う普通は異なる。

こだわり情報過多気味。もっと普通にパンを食べたいというひと、
どのお店に行っても普通のパンを探すというひと、
自分が焼くパンが自分にとっての普通かもしれないというひと。

感想メッセージをくださった皆さま、ありがとうございます。

外国の話も面白かったので久しぶりにご紹介します。

メグミさん
今、オランダに住んでいるのですが、美味しいパン屋さんを見つけると、
ホント嬉しくなります。でも、日本のように、アレもコレも買いたく
なるようなパン屋さんは少ないかも。日本て素敵と思う今日この頃です。
またの記事、楽しみにしています。

Urchinさん
普通のパンって、難しいですよね。
その時々によってみんなの好きなパンは変わっていくし、みんなが普通と
思うパンも変わっていきますものね。
昨日までマレーシアに行ってました。(中略)
ここでの楽しみはパンがどれだけおいしくなったか、というのを探索する
事なのです。昔は普通の食パンしかありませんでしたが、何年か経るにつけ
色々なパンが出てくるようになりました。
でもまだ今は変わりパンが人気を集めている段階のようで
本当においしい、しばらくかみしめていたくなるパンはまだ登場していない
ようです。今のところクアラっ子の凝ったパンで、まだまだ大量生産のパンが
普通のパン、ということのようです。
そのうち粉から気を使って、かみしめたいパンが出てくるのかな、
それとも食習慣の違いからそうはならないのかな、と、
ちょっと今から楽しみなのです。


ほかにも、
抹茶さん、野の花さん、fujiさん、パンダちゃん、
きみどりさん、バナナミルクさん、しなもんさん、
メッセージをありがとうございました。

いろいろな種類のパンから選ぶのは楽しいことには違いないけれど
まずは自分にとっての普通のパン、一番大事なパンがあったうえで
のことかもしれない。

今日の写真は23日の日記に書いた「やさしいクリームパン」
のお店のバゲット。OPENが楽しみです。