和顔の白パン

和歌山のパンのアトリエ”風の杜”から届いた
めずらしい、いろいろなペイザンには、
10種類のフルーツと4種類のナッツが贅沢に使われていた。
賑やかな味がするので、パーティによさそうに思う。
もちろん、おいしいチーズを添えて。

 

やわらかいパンが主流の地域で、ハード系のパンを焼く
パン屋さんが少しずつ、増えてきている。
ハード系のパンの美味しさは、職人さんの技術の向上と
生活者の美味しい経験の積み重ねで、いずれ全国で認められる。

 

風の杜には、ソフトなパンもある。
自家製酵母白パン。おまんじゅうのよう。

ちょっとプレスして焼きサンドにしてもいいかもしれない。
パニーニグリラーがあったら、これは和の顔立ちながら
おいしいパニーニになると思う。