コロッケとメンチカツのあいだで

たまに行く定食屋さんでランチのときにだけ時々登場する
メンチカツがあって、それがとてもおいしいという噂。
地元のグルメ評論家のかたにも絶賛されています。

先日お昼を食べに行くと、ちょうどメンチカツの日で
初めていただくことができました。
それはジャガイモが入っているのでしょう、
メンチカツというより肉の多いコロッケのよう。おもしろい。

コロッケにうるさい昭和の男、夫が年に1度か2度つくる
コロッケは、衣がなんというか……ハード系で挽肉がたくさん
入っていますが、それと似て非なるおいしさです。

 

『日々のパン手帖』のパンペルデュの章のまえに
「パンのハッピーエンディング」としてパン粉のことを書きました。
余ったバゲットの端など、パン粉にすると無油無糖のシンプルさが
揚げ物のおいしさに一役かってくれます。

家でつくるパン粉。どういうパンのが一番おいしいかは研究中です。