サンドイッチのイマジネーション

近くに住む友人のユイさんから
仕事で使ったサンドイッチの材料の
余りを、レシピメモつきで
おすそ分けしてもらった。

 

彼女は業界誌で
コムシノワの西川さんのパンを使い
季節のサンドイッチを提案している。

 

フキ味噌やセリを使ったサンドイッチは
新しい春の味がした。

ゴボウのパンにセリを合わせるアイディアは
ちょうど先日彼女と会った時、
わたしが「きりたんぽ鍋が食べたい」という
話をしたことから始まっていた。

 

その後、彼女も無性にきりたんぽ鍋が食べたくなって
作った時に、ゴボウとセリの組合せがとてもよかったから
サンドイッチでも使ってみた、という。

 

創造的なパンやサンドイッチは
おいしい記憶のイマジネーションがつながって
構築されていく。

 

おからの入ったパンもいただいた。
こんがり焼くと、薄揚げを焼くような香ばしさ。

ショウガ醤油のソースや長ネギの何かと
合わせてみたら面白そう、と思った。

 

創造的なパンにあわせる何かを想像するのも
ほんとうに、楽しいことだ。