読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バゲットを薄く切って愉しむ

うっすらと期待していた12月の旅はこれでお預けになってしまったが
その代わり、したかった仕事(書くこと!)がどうやらできそうでうれしい。

f:id:mihokoshimizu:20141204003126j:plain

打合せで、いろいろなひとのパンの愉しみについて語っていて、
そういえば、これはひとが集まるときに使える、と思ったのはカナッペだ。

 

バゲットを薄く切って盛り、それぞれ、好みのものをのせて食す。
余裕がすこしでもあれば、先に盛りつけておく。

 

瓶詰めのおいしいものや、ツオップのフィキシングのようなものを
買ってきて、盛りつけてもいいし、自作でもいい。

 

きょう、思い出した「バゲットにのせるもの」は、

メゾンカイザーの木村さんに教えていただいた、

島唐辛子と桜エビもしくは釜上げシラスと空豆のオリーブオイル炒めや、

料理家の枝元さんに教えていただいたカマボコとしば漬け。

ほら、イマジネーションの翼をひろげたらシンプルなバゲットには、

さまざまなものが乗せられるのですよ。

 

先日の、ルパンコティディアンでのパーティでは前菜のスタイリングが素敵だった。

f:id:mihokoshimizu:20141204003008j:plain

さりげなくて、洒落ている。
好きなものを好きなだけ食べられる、その感じも素敵だ。
ちなみにイワシのセビーチェなど、缶詰のまわりをスプーンが取り囲む
というスタイリング。これは難易度の高いお洒落のようだった。

 

ホームパーティもできそうにない12月、こうしたアイデア
ある日、夕食のテーブルに出現するかも。

 

普通のバゲットでおいしい。
気に入っているバゲットならなおよろし。